小児矯正について


小児矯正の特徴


小児期のあごの成長を利用して、骨格的に噛み合わせを改善することが目的です。

受け口の治療など、小児期にしか効果が期待できない治療があります。

1期治療であごのズレを治しておくと、2期治療がスムーズに進みます。

小児期から口腔清掃に対する意識を高めることができます。

小児矯正の流れ


お子様によって治療の開始時期と治療期間がかわります。受け口のお子様は未就学児から開始することもあります。

お子様によって治療プランも様々に対応します。希望や不安などがございましたら、まずはご相談ください。

矯正について その他のページも見る