矯正治療に関する注意事項


1. 通院と装置の使用に関して

矯正歯科治療は期間が長期にわたり、その期間中は3、4週間に一度来院いただく必要があります。また、治療内容により患者様に着脱をしていただく装置や器具の使用などの協力をお願いいたします。この指示に従っていただけないと治療期間が長引くばかりか良い治療結果が得られない場合もあります。

スタッフの指示に従い、治療を進めるようにお願いいたします。

 

2. 歯磨きに関して

矯正装置をお口の中にいれますと歯は汚れやすくなります。虫歯の予防はご自宅でのブラッシングが最も重要ですので、来院時に装置に合わせた歯ブラシの大きさ、毛先の当て方の工夫や、デンタルフロス等の補助清掃用具の使用を指導させていただきます。

治療開始に際して歯磨きに関する自己管理の重要性をご理解ください。

 

3. X線写真撮影に関して

治療途中に定期的にエックス線写真撮影を行わせていただきます。これは治療の進行具合やその効果、上下顎骨の成長・発育の状態、歯および顎の骨への影響を確認するために必要な検査です。治療を進めるために必要な検査であることをご理解ください。

 

4. 抜歯に関して

矯正治療を行うにあたり、歯と顎の大きさに不調和が認められ、顎に歯が並びきらない場合、永久歯を抜くことがあります。これは調和のとれた噛み合わせを得るために必要もしくは将来的に必要と判断される場合です。治療を始めるに当たり、抜歯の必要性や可能性をどうぞご理解ください。

 

5. 成長・発育に関して

顎や歯あるいは全身の成長、発育の状態などにより将来、永久歯の抜歯を必要としたり、補綴治療や外科的治療に治療計画を変更させていただくことがあります。治療計画の変更に関しても医師とよくご相談いただき、ご理解いただきますようお願いいたします。

 

6. 偶発症に関して

歯科矯正治療を行うにあたり、最初の精密検査で予測できないことがあります。例えば、骨の中に埋まっている歯や過去にぶつけたことのある歯は移動させる力をかけても動かない場合や、治療中に歯根が短くなってしまうことがあります。また歯茎がやせて歯の根が見えてくることがあります。

これらの程度によっては治療計画の変更もしくは治療を中止せざるを得ない場合もあります。

 

7. 治療の終了に関して

矯正歯科治療は歯が綺麗にならば、それまでの矯正装置が除去された時点が終了ではありません。歯が今の噛み合わせび位置で安定するのか確認が必要です。この期間に保定装置を正しく使用されていないときれいな歯並びが乱れてしまうことがあります。

その乱れがひどい時には再度装置をつけての矯正治療が必要になる場合があります。

 

8. 矯正料金に関して

矯正基本料金は原則として治療開始時の一括払いとなります。治療期間中、転居等により治療の継続が困難な場合、治療の進行状況に応じて返金をいたします。

医院に連絡の上、所定の手続きをお取りください。ただし、内容によっては適応されないことがあります。

また、最終来院日から長期間を経過して再度治療を行う場合、新たに矯正基本料金が必要となりますのでご了承ください。

抜歯・虫歯などの治療に必要な料金は矯正基本料金には含まれておりません。

また、自費による矯正歯科治療では、抜歯などの歯科治療は原則自費となりますのでご了承ください。

 

9. 各種資料の使用に関して

学会発表や講義などで、採得させて頂きました各種資料を使用させていただくことをお願いする場合があります。この時には個人的な情報がわからないように配慮し、プライバシーを守りますのでご協力をお願いいたします。

以上